綺麗な仕上がりになる|中綴じ印刷業者にお任せ

印刷

印刷会社の上手な使い方

名刺

デザインデータを持ち込む

名刺を効率良く発注する方法は、デザインデータは自ら作成し、そのデザインデータを印刷会社に持ち込み、印刷会社には名刺の印刷のみを発注するという方法です。印刷会社はデザインデータ作成という工程がなくなりますから、その分、発注してから納品までの期間が短くなります。と同時に、デザインデータ作成料が不要となりますから、費用を低く抑えることができます。従って、非常に効率が良いというわけです。もっとも、自分で名刺を作った方が、より一層、効率が良いと言えます。パソコンもプリンターも広く普及していますし、名刺印刷用の用紙も市販されていますから、印刷会社に発注しなくても名刺を作ることは十分可能です。ただ、仕上がりに差がありますから、仕上がりを考えると、いくら自分で作った方が効率が良くても、印刷会社に発注した方が良いと言えます。問題となるのは、デザインデータなんて作成したことがないという人です。作成したことがないどころか、デザインデータに関する知識すら全くないという人もいるはずです。しかし、そういったことは問題にならないのです。なぜなら、印刷会社のホームページでは、デザインデータ作成のガイダンスを丁寧に行っているからです。従って、まったくの素人であっても発注することは大いに可能なことなのです。もちろん、この方法が使えるのは、デザインデータの持ち込みを受け付けている印刷会社のみです。しかし、今や多くの印刷会社がデザインデータの持ち込みを受け付けていますから、容易に可能な方法です。発注すべき印刷会社はインターネットで検索すれば、すぐに見つかるはずです。