綺麗な仕上がりになる|中綴じ印刷業者にお任せ

男の人と女の人

印刷会社の上手な使い方

名刺

名刺は印刷会社に任せて作ることもできますが、自分でデザインデータを持ち込むと早く完成します。デザインに自信がない人でも、印刷会社のホームページやパンフレットには、デザインの方法が書いてあるので目を通しましょう。名刺は自分で作ることもできますが、専門業者に発注した方が効率良くきれいに仕上がります。

イベントなどで配布する物

紙袋

紙袋を業者に印刷してもらって、イベントで配布するとイベントのイメージがよくなり宣伝も行えます。基礎知識として、紙袋は箱詰めになると非常に重いということを知っておきましょう。防水加工を行い、デザインを見栄えのいいものにすればイベントを上手く進められます。

様々な用途で使用できる

ファイル

クリアファイルは販促品になりやすいため、多くの企業が専門業者に発注しています。企業名やロゴを入れるだけではなく、商品キャラクターなどを印刷することもあります。安価で配布しやすいデザインを制作してくれる業者を選びましょう。

パンフレットの印刷

レディ

中綴じは薄い小冊子向け

パンフレットなどの推奨冊子の印刷に向いているのが中綴じ印刷と呼ばれる印刷方式です。中綴じ印刷の基礎知識としては、製作工程数が少ないため大きく費用を抑えることができるという点があります。活用法としても少ない予算でパンフレットなどを作成するときなどに選択するといい印刷方式となっているのです。印刷業者に中綴じ印刷を依頼する際も、やり方は通常の印刷物と同じようなやり方となります。データ入稿を行って数量を指定するだけで終了するのです。中綴じ印刷の場合は主にカラー印刷で依頼することになります。見栄えなどを重視してデザインしていかなければ良い小冊子にはなりません。表紙をPP加工していくことでさらに高級感あるパンフレットに仕上げることができるので、積極的にデザインに力を入れていきましょう。中綴じ印刷で作った小冊子は主に宣伝などに使用されています。無料で配る、あるいはポスティングなどを実施していくことで効果的にイベントなどを宣伝していくことができるのです。いままでチラシなどの宣伝効果と情報量に不満があった人のおすすめの印刷形式であるといえるでしょう。印刷業者を利用する場合は製本機などを使用する場合よりもより美しい仕上がりの小冊子にすることが可能となっています。ラフデザインでもそれをもとにプロのデザイナーが仕上げてくれる業者も多数存在するので、どんどん活用していきましょう。中綴じ印刷を業者に依頼し、宣伝や行うイベントの解説などを効率よく行うべきです。